【重要なお知らせ】 現在コロナウィルスの影響により、海外発注商品が一部受注停止中である場合や、発送が大幅に遅れることがあります。

かめれおん芸術工房

生活の
身近なところに
芸術を
Consider familiar
works of art.

About 作者について

渡邉帆南美 Honami Watanabe

かめれおん芸術家

Feature 3つの特徴

  • 01

    鮮やかな色彩という
    言語

    独自の視点で語られる物語
    ただ鮮やかなだけではなく、例えば赤色は「情熱」黄色は「希望」など内的な感覚に応じた独自の決まりごとがあります。その他にも造形の一つ一つに意図が散りばめられています。また、言葉の断片や詩、俳歌などを混ぜることも特徴の一つです。
  • 02

    身につける、
    身に纏うアート作品

    デジタルも絵の具の一つとして。歩く美術館
    ここにデザインされた作品はありません。あるのは芸術作品のみです。まるでデザインされたアイテムかのように、生活の中に芸術表現を忍ばせます。作品は美術館を抜けだし、日常生活のなかで他者と出会い会話をし、触れ合うでしょう。本来、一人一人誰もが歩く生きた美術作品なのです。
  • 03

    時や事象を
    行き来する絵画

    タイムトラベル絵画
    鑑賞者が自らライト、もしくは光を照らす事で作品の時を戻したり、進めたりすることができます。また作品によっては、目に見えない人間の内部現象を見つめ、思いをはせることもできます。これらは普段可視できないものを見つめる装置なのです。

Pick Up ピックアップ

展覧会情報

岩手県花巻市/宮沢賢治童話村 2020.07.04(土)~ 「宮沢賢治アートストリート」

2020年/鉛筆・水彩/イラストボード
宮沢賢治の小説《よだかの星》を描いた作品の複製画の屋外展示です。
作品情報

《私たちの由来》

2020年/インク・鉛筆/紙
それぞれの人生における偶然の重なりと可能性を描く。
美術教室情報

「こども芸術教室KidzLab.」美術教室

幼児〜小学生対象
毎週月曜・木曜の美術教室の講師を担当しています。お問い合わせや、お申し込みは教室公式サイトへお願いします

Works作品一覧

Blogブログ